会社案内

代表挨拶

文化の向上と共に歩む紙。その原料は、木材と古紙で成り立っています。
当社は、「環境を守りつつ 文化を担う。」という経営理念の基、古紙を取り扱って約1世紀を迎えました。
常に社会的使命を自覚し、たゆまぬ努力を続け、お得意様各位の信頼とお陰を得て躍進し続けております。
経済を取巻く環境は、内外共に厳しいものがありますが、この構造の変革期に透徹した理念に基づいて、
蓄積された経験をいかし、一層組織の活性化を図って、奉仕と感謝の心で精進してまいります。

代表取締役 上田 晴健

環境方針

三弘紙業株式会社 環境方針

一人ひとりの自覚と努力で、
地球に優しく、
社会へ貢献する会社を目指す

三弘紙業株式会社はリサイクル事業を本業と位置づけ、地球環境問題の重要性を認識し、企業活動と環境との調和を図るため、環境にやさしい事業活動を進める事により、環境負荷の低減を計り、豊な社会と環境保全の実現を目指す。
当社は市街地に立地していることを十分に認識し、地域社会との一層の信頼関係と共生を築き、環境保全に努め、ひいては地球環境に貢献する。

  1. 自社の環境問題を環境マネジメントシステム規格の要求事項に適合している、及び適合させることを含めて効果的なマネジメントシステムの導入により継続的に改善し、さらに汚染の予防に努めることを誓約する。
  2. すべての業務運営が現在の法規制を順守し環境負荷の低減に努めることを誓約する。
  3. 環境への物質の排出を、現在可能な限りの高度な管理を維持し、廃棄物については引続き可能な限り、リサイクルによって処理し、汚染の予防に努める。
  4. 活動の推進にあたっては、環境目標、環境管理計画を設定し進め、定期的に見直しを実施する。
  5. 環境方針は公表する。
  6. 全ての従業員が、上記の環境方針に沿って業務を遂行し、且つ、徹底した教育によりその責務を自覚していることを確実にする。
  7. 環境マネジメントシステム規格認証取得に伴い、環境問題のみならず、全社的な業務管理体制の改善と確立を目指す。

平成 29 年 4 月 1 日
三弘紙業株式会社
代表取締役社長 上田 晴健

情報セキュリティ方針

三弘紙業株式会社 情報セキュリティ基本方針

三弘紙業株式会社は、創業以来、古紙のリサイクルを本業と位置づけて事業を展開して参りました。近年は、リサイクル率向上のため少量古紙の再資源化、及び機密書類の適正かつ安全な処理など新しい分野に積極的に進出しております。
そのような中、当社はお客様よりの要望事項及びクレームに対し、誠実な対応を心がけ、法規制及び契約上の義務を含めた要求事項を遵守しながら古紙再資源化業務及び機密書類処理業務を実施することを誓約いたします。そのために、情報セキュリティマネジメントシステムを構築し、情報セキュリティ目的を設定したうえで、システムを運用し、継続的に改善していくことを宣言します。

古紙再資源化業務における要望事項及びクレームの取扱いついて
当社では、古紙再資源化処理時におけるお客様よりの要望事項及びクレームの中に重大なリスクが存在しており、それに対応する力が会社の価値向上につながると認識しております。それらの情報を徹底的に精査、検討して改善につなげ、より良いサービスを提供して、お客様のリサイクルに関するお悩みを解決して参ります。
機密書類処理業務における情報の取扱いついて
当社では、機密情報を含む古紙については、通常の古紙のリサイクル処理とは別途契約を締結させていただいたうえで、機密書類扱いとしての安全な回収及び処理を実施しております。お客様との契約内容に基づき、機密書類の回収から処理までを定められた手順に基づいて、情報セキュリティに関する徹底した教育を受けたスタッフにより安全な機密書類処理を実施致します。
個人情報の取扱いについて
(1)個人情報の利用目的
当社では、お客様のご要望にお応えするために、また円滑に事業活動を行なうために、お客様の意思によりご提供頂いた個人情報を、以下の事業範囲内で安全、正確に利用致します。
. 機密書類を含む古紙の収集運搬、及び処理に関する事業
. その他上記事業に係る情報蓄積、附帯業務等

(2)個人情報の管理・運用
個人情報の管理責任者を設置し、その役割を明確にして、管理責任者が適切に個人情報保護に関する行動を行えるように環境を整備いたします。

(3)個人情報の提供
お客様の個人情報は当社のみにて利用し、以下の場合を除き第三者に提供されることはありません。
. お客様ご本人の同意がある場合
. 円滑な業務遂行のため、必要範囲内において業務を外部に委託する場合。
その場合においても、個人情報の安全な管理を図るため、本方針と同一の義務を委託先に負わせる等、適正な管理、監督を行ないます。
. 法令に基づく場合 及び 裁判所や警察等の公的機関から、正式な手続きにより照会を求められた場合

(4)個人情報の開示・更新
当社は、お客さまからお預かりしている個人情報について、お客さまご本人から開示・修正・削除のお申し出があった場合、合理的な範囲で開示・修正・削除を致します。ただし、他のお客さまの生命・身体・財産その他の利益を害するおそれのある場合、または当社の業務遂行に著しく支障をきたすと判断した場合は、この限りではありません。

平成 27年1月1日
三弘紙業株式会社
代表取締役社長 上田 晴健

会社概要

名称 三弘紙業株式会社
営業内容 1.製紙原料の仕入・加工・販売
2.和洋紙・パルプの仕入・販売
3.上記に付帯する一切の業務
創立年月日 1946年10月25日
決算期 毎年12月
本社 〒113-0033
東京都文京区本郷 1-30-17 エム・アールビル
TEL:03-3816-1171(代表)
FAX:03-3811-1575
資本金 30,000千円
代表者 代表取締役社長 上田 晴健
従業員数 三弘紙業株式会社230名
(三弘紙業グループ300名)

沿革

大正13年 上田商店 創業
昭和21年 三弘紙業株式会社 設立
昭和24年 吉原営業所 開設
昭和34年 板橋営業所 開設
昭和36年 本社ビル 落成
( 文京区小石川 )
昭和37年 八王子営業所 開設
昭和39年 練馬営業所 開設
(昭和41年足立営業所へ移転)
昭和40年 株式会社OIMセンター 設立
昭和41年 足立営業所 開設
(昭和49年鳩ヶ谷移転)
昭和46年 大宮営業所 開設
昭和49年 朝霞営業所 開設
相模原営業所 開設
鳩ヶ谷営業所 開設
昭和50年 株式会社東海紙料 設立
昭和58年 戸田営業所 開設
平成 3年 白山営業所 開設
平成 9年 加須営業所 開設
平成18年 株式会社OIMセンター 移転
( 文京区小石川→埼玉県朝霞市 )
平成18年 本社ビル 移転
( 文京区小石川→文京区本郷 )
平成21年8月 みかもリサイクルセンター
(栃木県佐野市) 開設
平成22年3月 昭島営業所 開設
平成22年6月 裾野営業所 開設
平成25年1月 静岡営業所 開設
平成26年6月 JRC 開設

主要取引先

〇取引先
・王子製紙株式会社
・日本製紙株式会社
・特種東海製紙株式会社
・レンゴー株式会社
・興亜工業株式会社
・共同印刷株式会社
・昭和図書株式会社
・NTTグループ各社
・埼玉トヨタ自動車株式会社
・関東運輸局
他約 1,200社及び各自治体と取引実績有
〇取引銀行
・商工組合中央金庫
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・みずほ銀行
・静岡銀行
・三井住友信託銀行
〇加盟団体
財団法人古紙再生促進センター
全国製紙原料商工組合連合会
関東製紙原料直納商工組合
東京都製紙原料協同組合
・協同組合東京雑誌リサイクルセンター
東京返本加工協同組合
東京都資源回収事業協同組合
社団法人東京都リサイクル事業協会
・文京区リサイクル事業協同組合
〇関連会社
株式会社OIMセンター
〇提携会社
株式会社ジャパンクリエイティブル